iPad iPhone ブログ

出先のお供にスマホ用のモバイルバッテリーは必須

投稿日:

モバイルバッテリー買ったのでレビューを。

猛暑だとスマホバッテリーがなくなるのが早いのか?出先で、暑い環境にスマホおいておいたら、バッテリーが切れてしまい。スマホの電源が切れると、何もできない恐怖に襲われ(現代病か。)、量販店に駆け込んだ。

モバイルバッテリーは、ものすごい種類があって、どれを買っていいのか悩んじゃう。

基本的に、使ってるスマホが、iPhoneか、アンドロイドかで売ってる棚が違います。(コネクタが違うので、そこは間違えないようにしよう。)

まずは、どの容量のものを買うか?

iPhone7なら

6000mAで、約2.4回の充電

10000mAで、約4回分の充電

15000mAで、約6回分の充電

ができるそうだ。 6000mAで自分の場合は十分と判断。

あとは、使い勝手を考えた。iPhoneでしか基本使わないのでiPhone専用でいいと選択した。下記のものを選んだのだが、これは、唯一、iPhoneを充電する側のケーブルが最初からついている。(逆にいうと、取り外せないのでiPhoneにしか使えない。)

 

モバイルバッテリーとiPhoneを接続するケーブルを忘れる心配がない。モバイルバッテリー自体の充電を忘れたらおしまいだが。

 

矢印のところにあるボタンを押すと、現在のモバイルバッテリーの電源容量が見れる、4つ点灯でフルなので、2つ点灯なので、半分容量が残っている。たしか、買ってすぐは2つ点灯の状態だった。 買うときにすぐに使いたい場合は、お店で確認させてもらうこともできるので、言ってみよう。(買ってすぐに使えると謳っているバッテリーでも一応注意が必要)

 

最近では、コンビニ(場所によってだが)でも、モバイルバッテリー売っているところがあるんですね。別に、値段も高いわけではない。

スマホの電源がなくなってから、慌てないように。用意しておきましょう。

 

-iPad, iPhone, ブログ

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.