自動運転

完全自動運転の今(4) 支える技術 LiDAR

投稿日:2018年6月23日 更新日:

完全自動運転車の眼となるレーザーセンサー(レーザー照射により、車の周囲の3Dマップを構築する技術 LiDAR )

https://wired.jp/2018/05/05/luminar-lidar-self-driving-cars/

WIRED 自動運転の大激戦を制する? トヨタ注目のスタートアップが開発した「新しいセンサー」の正体

これまで高額だったLiDARを低コスト化できる可能性のある技術を発表

 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/LIDAR

LIDAR英語:Light Detection and Ranging、Laser Imaging Detection and Ranging、「光検出と測距」ないし「レーザー画像検出と測距」)は、光を用いたリモートセンシング技術の一つで、パルス状に発光するレーザー照射に対する散乱光を測定し、遠距離にある対象までの距離やその対象の性質を分析するものである。日本語ではライダーライダとカタカナ書きされることも多い。軍事領域ではしばしばアクロニム LADAR (Laser Detection and Ranging) が用いられる。

この技法はレーダーに類似しており、レーダーの電波を光に置き換えたものである。対象までの距離は、発光後反射光を受光するまでの時間から求まる。そのため、レーザーレーダー (Laser radar) の語が用いられることもあるが、電波を用いるレーダーと混同しやすいので避けるべきである。

 

このLIDARは、宇宙の分野で利用されています。(JAXAのはやぶさ2プロジェクトから)

 

-自動運転

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.