自動運転

完全自動運転の今(6) おじいちゃん、おばあちゃんには免許返納を 運転経歴証明書とは?

投稿日:2018年6月25日 更新日:

完全自動運転で解決できる一つの大きな目標として、小さな子供からお年寄りまで(全世代)、運転をできない人、事故が怖くて運転したくない人への移動手段を与えるというものがある。特に、今大きな社会問題として、高齢者ドライバーによる交通事故、車に乗れず移動できない買い物難民などの解決だ。現状と、現状でもとりうるべき対応策(運転経歴証明書の発行など)を取り上げる。

高齢者ドライバーによる交通事故

特に地方では、生きていくには車が無ければという環境で、かなりの高齢になるまで車を使う。生きていくために、それしかソリューションがないからだ。また、まだまだ車の運転はできるという高齢者も多く、家族から運転は「もうやめて」といわれても、なかなか運転をやめない人もいる。

こういった中、ニュースでよくみるのが、「アクセルとブレーキの踏み間違え」や、「状況に対応ができず事故」、「突然の体調不良、意識喪失」などにより、人身事故を起こしてしまうケースだ。人生の後半で、このような悲惨な事故を起こすことは、本人、家族、被害者、誰にとっても不幸でしかない。 この現状は、なんとしても止めたい。

 

現状では、どうすればいいのか? 運転経歴証明書

これは、非常に難しい問題だ。自身の判断力、記憶力等が、加齢により衰えるのは致し方ないことだ。「運転をやめようで、やめる。」これが、一番だ。

だが免許証は、自分のアイデンティティだ。証明書としても使ってるし、手放せない。と考えているなら、運転やめられます。

免許を自主返納(自分で免許を返す)した人にだけ、申請すれば(即日発行化)、運転経歴証明書というものが発行されるのは知っているだろうか?  これを持っていれば、今までの免許同様に証明書として利用できます。素晴らしい。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/koreisha/shomeisho/henno.html

これは、自主返納した人に限ってです。事故を起こして免許停止や、75歳以上に方に必須になった認知症の検査で免許停止を受けた後からでは、もらえません。 だったら、自主返納しましょう。

最近では、報道されたり、免許更新の際に説明を受けりする場合に知ることも多くなってきたと思うが、まだまだ知らない人も多いと思うので、自分の親や祖父母などに、あるいは友人に、このことを教えてあげて欲しい。何よりのプレゼントになるだろう。父の日、母の日、敬老の日、誕生日に、プレゼントの代わりに一緒についていって、自主返納してお祝いというのはどうしょうか?

 

他には、

・買い物難民対策として、コンパクトシティー化で高齢者の方々に、地域の中心(移動手段のある場所)に引っ越してもらう。(かなり厳しい)

・現時点での衝突回避などの先進的自動車を購入する(コスト的に無理だし、そもそもが事故の発生はなくせない。さらに、うちの車は衝突回避機能があるからなどと考えてもらったら、余計マイナスか。)

・ドライブレコーダー(最近では、安いもので1万円くらいのもある。)をつけて、自分の運転の悪いところを改善する。(自分の運転の通信簿をつけてくれるようなサービスがでている。)

・アクセルとペダルを一緒にしたもの(アクセルとブレーキ踏み間違え防止)

ワンペダル: http://www.onepedal.co.jp/products/

これらは、根本解決には、程遠いだろう。 完全自動運転車が早く実現することを願う。

-自動運転

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.