交通

トヨタ コネクテッドカー発表 カローラ、クラウンから、将来全車種へ 

投稿日:2018年6月27日 更新日:

トヨタが、2018年6月26日、新車種発表会(豊田章男社長自ら)にて、「カローラ スポーツ」、「クラウン」で、コネクテッドカーを発表、発売開始した。 今後、全ての新型車に今回発表の通信機能を搭載とのこと。

トヨタ自動車、コネクティッドカーの本格展開を開始

https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/23157743.html

TOYOTA、クラウンをフルモデルチェンジ(初代コネクティッドカー)

https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/23097094.html

© 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION.

コネクテッドカーというとネットと接続して色々できるということだが、トヨタ(TOYOTA)の考えるのは、AI、ITを全面にださずに

ヒューマン・コネクティッド・サービス

クルマ、メーカー、販売店を一本の流れでつなぎ、お客様に究極の安心をお届け

とあり、コネクテッドの意味が、(トヨタは、コネクティッドと表記)ネットにつなぐというより、ドライバーと様々なサービス元の人(販売店、オペレーター、保険会社、サービス、救急隊など)をつなぐ意味で使っている感じ。

 

  • 車に不具合が生じた場合に、オペレータと通話ができる機能
  • 事故時にエアバック作動すると自動で通報する機能
  • 救急隊が現場に向かうサービス
  • LINEを使い、自分の車(マイカー)を友達に登録、外出前に目的地設定できる機能
  • 車両データを常時モニタリングして、故障前に整備をお勧め

これらのサービスの通信機能3年間無料(4年目以降は、使用料1万2960円〰)

 

© 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION.

豊田章男社長曰く、トヨタの年間販売台数1000万台の車が、10年間1万キロずつ走れば、その走行データからのビックデータを使って面白いことができそうだと発言。

狙いは、車両走行のビックデータが欲しいというわけですね。だから、はやく全車種に搭載したいわけですね。

-交通

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.