iPhone

徹底比較 新型iPhone XS , XS Max, XR どれを買えばいいの? 衝撃の事実が

投稿日:2018年9月15日 更新日:

新型iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XR のどれを買えばいいの? その答えを一緒に探していこう。衝撃の答えが待ってます。まずは、この3択で考えていく。最新モデルでなくてもいいという人は、値段の下がった物理的なホームボタンが残っている過去機種(iPhone8, iPhone7など)、あるいはiPhoneXという選択もある。iPhoneXは、新型iPhone発売と同時にアップルストアから姿を消した。昨年の冬からなので、なんと短い期間だったのだろうか。価格次第で初代iPhoneXという選択肢は外せないだろう。

概要 

Super Retinaに2つのサイズ。1つは、これまでのiPhoneの中で最大のディスプレイ。さらに速くなったFace IDも。

スマートフォンの中で最も賢く、最もパワフルなチップも。画期的なデュアルカメラシステムも。iPhoneの魅力のすべてを極限まで高めた姿。それが、iPhone XSです。

「新世代のiPhone」 4分動画で綺麗にまとまってます。

 

ディスプレイ(画面の大きさと、OLEDかLCDかの違い、3D Touch)

iPhoneXの後継機種として、iPhone XSとiPhone XS Maxがある。違いは、画面の大きさ、MAXは、マックスだけにアップル史上最大のスクリーンサイズ。このビックスクリーンが最大の売り。ディスプレイは、OLED (有機EL)だ。 iPhone XRは、廉価版となるLCDモデルだ。特別に開発されたiPhone XSのOLEDディスプレイは、業界で最も正確な色を映し出し、HDRに対応し、真の黒を再現するとのこと。解像度の違い、コントラストの違い、HDR対応かの違い。もあるが、なんと、iPhone XRでは、3D Touchが、対応していない。

iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR

Super Retina HDディスプレイ
5.8インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ
HDRディスプレイ
2,436 x 1,125ピクセル解像度、458ppi
1,000,000:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625cd/m2(標準)

Super Retina HDディスプレイ
6.5インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ
HDRディスプレイ
2,688 x 1,242ピクセル解像度、458ppi
1,000,000:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625cd/m2(標準)

Liquid Retina HDディスプレイ
IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角)オールスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
1,792 x 828ピクセル解像度、326ppi
1,400:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
最大輝度625cd/m2(標準)

どの機種も、画面の大きさが、本体の大きさとなっている。新時代の幕開けとして、ホームボタンがなくなるスタイルになっている。ベゼルレスだ。

大きさが、それぞれ違うので、そのフィット感で、選ぶというのもあり。

とにかく、アップルが出す新製品大好き、大画面好きな人で、お金を気にしない人は、iPhone XS Maxを選ぼう。

スクリーンの大きさ比較(iPhone XSとiPhone XS Max)

スクリーンの大きさ比較(iPhone XSとiPhone XS MaxとiPhone8)

 

スクリーンの大きさ比較(iPhone XSとiPhone XS MaxとiPhone8 Plus)

iPhone XS Maxは、画面としては、アップル史上最大だが、本体の大きさは、iPhone8 Plusより若干小さい

iPhone XRは、なぜ 3D Touchに対応していないのか?

もうちょい、調べが必要だ。。

以前、耐衝撃性能に優れた「Cover Glass Sensor(CGS)」と、呼ばれるディスプレイ技術が採用されるため、廉価版(今回のiPhoneXR)では3D Touchが落とされ、2019年以降、他のモデルでも 3D Touchがなくなる?? とかいった話もあったが、、それのことなのか?  なんで、、アプリケーションの作りに影響する、かなりデカい部分を、iPhone XRでは非対応。 XSでは、対応と、、分けるのか、意図がわかりません。

 

サイズ(寸法)と重量

  iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR

高さ

143.6 mm 157.5 mm 150.9 mm

70.9 mm 77.4 mm 75.7 mm

厚さ

7.7 mm 7.7 mm 8.3 mm

重量

177 g 208 g 194 g

大きさ、重さの順でいくなら、
iPhone XS Max>iPhone XR>iPhone XS 

厚みはあまり変わらず、XSとXS Maxは、同じ7.7mm。

 

発売日、予約日

発売日は、
9月21日:iPhone XSとiPhone XS Max (予約日 :9月14日より)
10月26日: iPhone XR (予約日 :10月19日より)

iPhone XRは、普及価格帯モデルとして、一番台数がでるだろうが、今回は、1ヵ月遅れでの発売だ。

1ヵ月待てない人は、今買うべき? XRは、すぐに手にはいるかも考慮に入れるべきかな?

 

容量、価格

  iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR

64GB

¥112,800 (税別) ¥124,800 (税別) ¥84,800 (税別)

128GB

無し 無し ¥90,800 (税別)

256GB

¥129,800 (税別) ¥141,800 (税別) ¥101,800 (税別)

512GB

¥152,800 (税別) ¥164,800 (税別) 無し

AppleCare+

¥22,800 (税別) ¥22,800 (税別) ¥16,800 (税別)

値段は、最大のポイントですね。新しく登場した512GBモデルを選ぶ人は、どんな人なのだろうか?4K動画とりまくり?

価格安くて、最新iPhone欲しいなら、iPhone XR 一択ですね。 ¥84,800 (税別) 

XSとXRで、2万8千円の差
XSとXS MAXでは、1万2千円の差
XRとXS MAXでは、4万円の差

価格を抑えたくて、といっても、他のAndroid端末と比べれば高い。iPhone XS, iPhone XS Maxにいたっては、Macbook Airよりも高いものも。 アップルケアとかいれたら、15万超えちゃいます。

アップルケアに入るなら、
iPhone XS, iPhone XS Max用 AppleCare+ ¥22,800 (税別)、 iPhone XR用 AppleCare+ ¥16,800 (税別)が必要。
テクニカルサポートが2年間に延長され、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを受けることができます。

すべてのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証90日間の無償電話サポートがついています。AppleCare+ for iPhoneに加入すると、保証とサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます。さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料で最大2回まで受けることができます。Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で直接問い合わせることもできます。

ハードウェア本体の修理サービスと専任スペシャリストによる電話でのテクニカルサポートを2年間に延長。

 

カラーバリエーション(カラバリ)、筐体のデザイン、材質

iPhone XS と iPhone XS Max(シルバー、スペースグレー、ゴールド)

iPhone XR は、ポップなカラーが豊富

ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、(PRODUCT)RED レッド の6色展開

iPhone XR (PRODUCT)REDとは、(RED)製品を買うたびに、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に直接寄付されます。

 

筐体のデザイン、材質

iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR
高級感あふれるデザイン
スマートフォン史上、最も強靭なガラス
ステンレススチール製フレーム(医療に使用と同じグレード)
高級感あふれるデザイン
スマートフォン史上、最も強靭なガラス
ステンレススチール製フレーム(医療に使用と同じグレード)

両面がガラスの筐体
アルミニウム製の構造フレーム

 

防沫性能、耐水性能、防塵性能

iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR

IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)

IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)

IEC規格60529にもとづくIP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)

XS, XS MAXが、IP68
XRが、IP67

XSに関しての説明では、スマートフォンに採用されたものの中で最も強靭なガラスと、医療に使われているものと同じグレードのステンレススチール製フレーム。この2つを隙間なく精密に組み合わせることで、より高い耐水性能を備えた筐体を作り出すことができました。最大水深2メートルで30分間まで耐えられます。しかもiPhone XSなら、コーヒー、紅茶、ジュースなどがこぼれても大丈夫です。とのこと。

 

チップは、全機種 A12 Bionicチップ、次世代のNeural Engineを搭載

 

カメラ (背面、メインのカメラ)

iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR

デュアル12MPカメラ(広角と望遠)
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
デュアル光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
写真のスマートHDR

ビデオ動画撮影時
2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム

<= 同じ

12MPカメラ(シングル)
ƒ/1.8絞り値
光学式手ぶれ補正
最大5倍のデジタルズーム
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
3つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明)
写真のスマートHDR

 


ビデオ動画撮影時
最大3倍のデジタルズーム

写真にあるように、XSでは、デュアルカメラ(広角と望遠)(12メガピクセル)、XRでは、シングルカメラ(12メガピクセル)の違い。XSでは、2倍の光学ズームが可能だが、XRでは、デジタルズームのみ。あとは、デュアルだと、デュアル光学式手振れ補正に。

ビデオ動画撮影時にも、XSでは、2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム が、 XRだと、最大3倍のデジタルズームのみ。

 

 

フロントカメラ

iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR

TrueDepthカメラ
7MPの写真
ƒ/2.2絞り値
Retina Flash
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
写真のスマートHDR
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
アニ文字とミー文字

<= 同じ

<= 同じ

フロントカメラは、一緒です。

 

携帯電話/ワイヤレス通信方式、携帯キャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)

iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR

GSM/EDGE
UMTS/HSPA+
DC-HSDPA
CDMA EV-DO Rev. A(一部のモデル)
ギガビット級LTE
MIMO対応802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 5.0
GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
VoLTE
リーダーモード対応NFC
予備電力機能付きエクスプレスカード
FeliCa

<= 同じ

GSM/EDGE
UMTS/HSPA+
DC-HSDPA
CDMA EV-DO Rev. A(一部のモデル)4G LTE-Advanced
MIMO対応802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 5.0
GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
VoLTE
リーダーモード対応NFC
予備電力機能付きエクスプレスカード
FeliCa

携帯キャリアは、Softbank, au, Docomoの3社。

スペック上の違いは、たった1点。 XSでは、ギガビット級LTEと表記。 XRでは、4G LTE-Advancedと表記。

データプランが必要です。ギガビット級LTE、4G LTE-Advanced、4G LTE、VoLTEは、特定の国の特定の通信事業者で利用できます。速度は論理上のスループットにもとづくもので、使用する場所の条件および通信事業者によって変わります。LTE対応の詳細については通信事業者にお問い合わせください。www.apple.com/jp/iphone/LTEもあわせてご覧ください。

 

電源とバッテリー

iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR

iPhone Xより最大30分長いバッテリー駆動時間
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
連続通話時間(ワイヤレス):最大20時間
インターネット利用:最大12時間
ビデオ再生(ワイヤレス):最大14時間
オーディオ再生(ワイヤレス):最大60時間
高速充電に対応:30分で最大50%充電

iPhone Xより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
連続通話時間(ワイヤレス):最大25時間
インターネット利用:最大13時間
ビデオ再生(ワイヤレス):最大15時間
オーディオ再生(ワイヤレス):最大65時間
高速充電に対応:30分で最大50%充電

iPhone 8 Plusより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
連続通話時間(ワイヤレス):最大25時間
インターネット利用:最大15時間
ビデオ再生(ワイヤレス):最大16時間
オーディオ再生(ワイヤレス):最大65時間
高速充電に対応:30分で最大50%充電

iPhone XSは、iPhone Xに比べて、最大30分長いバッテリー
iPhone XS Maxは、iPhone Xに比べて、最大1.5時間長いバッテリー
iPhone XRは、iPhone 8 Plusに比べて、最大1.5時間長いバッテリー

とそれぞれ、iPhone XS、XS Maxは、iPhone Xの後継として、iPhone XRは、iPhone 8 Plusの後継として比較されている。

インターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生時間での差は、微妙にあるが、特記すべき点はない。

 

まとめ

新型iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XR のどれを買えばいいのか? 違いについてみてきたが、あらためて、スペックを見直してみると、有機ELパネルかLCDか?(ここが物凄く違うはずだが)その大きさ、価格、発売日、カラバリ、カメラデュアルか 程度で、他、変わんないじゃん。という私なりの結論がでた。 

ずばり、筐体のデザイン及び材質の違いと、ディスプレイへのこだわりだけだ。(3D Touch 含む)

iPhone XS, iPhone XS Maxを選べば、強靭なガラス、ステンレススチール製フレームの美しい筐体を持つデバイスを手に入れられ、有機EL(OLED)のメリット、高解像度、高コントラスト、HDR対応な、簡単にいえば綺麗な動画像、ゲーム、写真等が体験できる。

本体の質感、有機ELスクリーンにこだわりがなければ、iPhone XR待ちでも、いいんじゃない? 
 

iPhone XRが、3D Touch へ非対応なのも、かなり気になる。普及モデルで、3D Touch非対応になるということは??

今後、他の過去機種との比較なども考えていきたい。

追記(9月24日現在)、iPhone XSにて、動画像をみているが、有機ELのディスプレイに関して、優位性をあまり、まだ感じられていない。(触っている時間も少ないので、後日レビューしたいと思うが、取り急ぎのコメントまで)

 

 

 

-iPhone

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.