iPhone

アップル新型 Apple Watch Series 4 発表 32%スクリーン拡大 心拍数センサー搭載

投稿日:

日本時間13日午前2時から開始された発表会では、まずスティーブ・ジョブスシアターの会場の映像から、ミッションインポッシブルの音楽にのりながら、謎の女性がティム・クック氏に、(中身がすごいものが入っていそうな)凄いケースを渡す場面から始まる。

そのティム・クック氏が、登壇し初めに紹介したのが、Apple Watch Series 4(アップルウォッチ シリーズ4)だ。(詳細はジェフウィリアムズが紹介)

注文は9月14日から   9月21日発売

アップルストア(AppleWatch)

 

AppleWatchの画面スクリーンが大幅拡大(32%)

心拍数低くなると警告したり。心電図とれたり。全米心臓協会(America Heart Association)プレジデントもでてきました。FDAからの許可もちゃんと受けているとのこと。転落検知機能も。

健康関連の需要を見込んでそうですね。

 

アップルストア(AppleWatchのバリエーション)

これだけ種類が多いと何を選んでいいか迷っちゃいます。

 

Series 4(GPSモデル)の特長(スペック)

  • シルバーアルミニウムケース
  • GPS、GLONASS、Galileo、QZSSを内蔵
  • 64ビットデュアルコアS4プロセッサ
  • W3 Appleワイヤレスチップ
  • 気圧高度計
  • 容量16GB
  • 光学式心拍センサー
  • 電気心拍センサー
  • 新しい加速度センサーとジャイロスコープ
  • 環境光センサー
  • 感圧タッチ対応LTPO OLED Retinaディスプレイ(1,000ニト)
  • 触覚的な反応を返すDigital Crown
  • より音量が大きいスピーカー
  • Ion-Xガラス(強化ガラス)
  • サファイアクリスタルとセラミック裏蓋
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 5.0
  • リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
  • 最大18時間駆動するバッテリー
  • 50メートルの耐水性能
  • watchOS

 

Series 4(GPS + Cellularモデル)の特長

  • シルバーアルミニウムケース
  • LTE、UMTS
  • GPS、GLONASS、Galileo、QZSSを内蔵
  • 64ビットデュアルコアS4プロセッサ
  • W3 Appleワイヤレスチップ
  • 気圧高度計
  • 容量16GB
  • 光学式心拍センサー
  • 電気心拍センサー
  • 新しい加速度センサーとジャイロスコープ
  • 環境光センサー
  • 感圧タッチ対応LTPO OLED Retinaディスプレイ(1,000ニト)
  • 触覚的な反応を返すDigital Crown
  • より音量が大きいスピーカー
  • Ion-Xガラス(強化ガラス)
  • サファイアクリスタルとセラミック裏蓋
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 5.0
  • リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
  • 最大18時間駆動するバッテリー
  • 50メートルの耐水性能
  • watchOS

 

サイズは2タイプ 40mm 44mm

  • 40㎜
    縦:40 mm
    横:34 mm
    厚さ:10.7 mm
    ケース重量(GPSモデル):30.1 g
    ケース重量(GPS + Cellularモデル): 30.1 g

 

  • 44㎜
    縦:44 mm
    横:38 mm
    厚さ:10.7 mm
    ケース重量(GPSモデル):36.7 g
    ケース重量(GPS + Cellularモデル): 36.7 g

これだけの大きさの違いで2パーンというのは、それだけ腕につけるデバイスというのは、個人差による要求が色々あるということですね。

-iPhone

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.