イーロン・マスク 世界を変える人

イーロンマスク twitter(ツイッター社)に買収提案 TED(テッド)で、いーろんますく語る

投稿日:

ツイッター社の株式を既に約9%取得し、筆頭株主となっていたイーロン・マスクがtwitter社に対して、買収提案した。(4月13日付、米証券取引委会(SEC)に提出した資料)

現金430億ドル(約5兆4000億円)での買収提案だ。

その発表後に、TEDカンファレンスでのインタビューにも応じている。

今までのツイッター社の株式を買い進めてきた理由に関して、「わたしはTwitterが世界中の自由な言論のプラットフォームになる可能性を信じています。また、言論の自由は民主主義が機能するために社会的に必要であると考えています」と説明しているようだ。また、「この会社がいまのままでは成長もできず、社会的要請に応えることもできないと認識しています」と不満をもっているようだ。

ツイッター側は、買収防衛策として、ポイズンピル(毒薬条項)を導入すると発表した。

スポンサーリンク

TED(テッド)のインタビューで、アルゴリズムのオープンソース化を提案

「Twitterが行うべきだと考えることの1つは、アルゴリズムのオープンソース化であり、ユーザーのツイートに対するすべての変更は、それがツイートを強調するものか、目立たなくするものかにかかわらず、白日の下で処理するべきだ。アルゴリズムによるものであれ、手作業によるものであれ、舞台裏の操作のようなものはあってはならない。」と発言。

アルゴリズムをソフトウェア開発のホスティングプラットフォーム「GitHub」などで公開し、問題や誤りを見つけた人がその箇所を指摘して変更を提案できるようにするべきだとした。

 また、Twitterで発信できることとできないことについては、ほとんどモデレーションがあってはならないと述べ、Twitterを「事実上の都市広場」と表現した。

 「自由に発言できるインクルーシブな場となることが非常に重要だと考えている」と同氏は述べた。

Twitterは企業として、同社プラットフォームに何が投稿可能かを判断し、登録時にサービス規約に同意することをユーザーに求め、規則を破ったユーザーを排除できる

 

また、Twitterの編集ボタンに対して、自分なら、ツイート送信後の短い時間だけ編集機能を利用できるようにするという。(その場合、送信してからスペルミスに気づいた場合は修正できるが、何日または何カ月も経ってからツイートのメッセージを変更することはできない。)

スポンサーリンク

マスク氏 資産総額30兆円以上(テスラ株式など)

 

Twitterを買収するための資金は確保しているのかという問いに対し、Musk氏は、買収手続きを進めるための十分な資産を保有しているが、買収提案が受け入れられなかった場合のプランBも用意していると述べているようだ。

イーロンマスクにとって、現金430億ドル(約5兆4000億円)での買収提案に要する費用を工面するのは、それほど難しくないだろうか? テスラ株式をいっぺんに現金化すれば、市場にインパクトを与える。株式を担保にして現金を借りて、少しずつ現金化するのだろうか? 

また、5兆円を用意することよりも、Twitterの経営に関与することにより、面倒な仕事が増え、他のイノベーションへのイーロンマスクのパワーがそがれることの方が問題だ。 彼が、それをしても、彼が主張する言論の自由を守ることに重きをおくかどうか、今回の件への今後の行動に注視だ。

スポンサーリンク

Starlink(スターリンク)をウクライナに提供 人工衛星によるインターネット接続サービス 

マスクといえば、最近は、ウクライナへの「人工衛星によるインターネット接続サービス」スターリンクの提供でも話題を集めた。

 

出典:

[CNET Japan] イーロン・マスク氏、Twitterに買収提案--その意図をTEDで語る

[WIRED] イーロン・マスクが引き金を引いた「Twitterの未来」を賭けた戦いの現実味

[WIRED] イーロン・マスクがTEDで語った本音から、Twitter買収提案の「真意」が見えてくる

TED, TESRA, SPACEX

-イーロン・マスク, 世界を変える人

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2022 All Rights Reserved.