PayPay お金、決済 キャンペーン ブログ

大阪泉佐野市 ふるさと納税で100億円還元 閉店キャンペーンで、返礼品+amazonギフト券20% PayPay(ペイペイ、ぺいぺい)のパクリ?

投稿日:2019年2月6日 更新日:

ふるさと納税に、100億円還元がやってきた。100億円キャンペーンで、世間の話題をさらっているPayPay(ぺいぺい)の手法を真似たものとして、ちょっと気になったので調べてみました。なくなり次第終了。Amazonギフト券付きふるさと納税。100億円還元 閉店キャンペーン、2月・3月限定! 大阪泉佐野市(おおさかいずみさのし)のふるさと納税だ。最近の市町村のキャンペーン手法は、民間企業並みというか、同レベルですね。まさに、PayPay(ペイペイ)のキャンペーンをみているかのようだ。恐ろしい時代になった感すらある。ふるさと納税のサイトも、ネットのショッピングサイトではないか?と思うもの。

今回のすごいのは、ふるさと納税すれば返礼品に加えて、最大20%のamazonギフト券がもらえることだ。やりすぎでしょ。

ギフト券が、100億円分に達し次第、キャンペーンを終了。まさに、PayPay(ぺいぺい)と同じ。終了時期は、どうなんでしょうか? ペイペイ第一弾100億円あげちゃうキャンペーンは、10日間で終了しました。PayPayの第2弾100億円キャンペーンは、こちら。

スポンサーリンク

目次

大阪泉佐野市のサイトが、アクセス殺到でマヒ?

アクセス殺到で、行政機能が低下は避けてほしいところ。アクセス集中していて、つながりにくい状態のようです。100億円という響きが、人をそうさせるのだろうか。

筆者が試したときも、何回かアクセスしないと、本キャンペーンの商品ページには、飛べない状態が続いている。

「このページは動作していません furusato-izumisano.jp では現在このリクエストを処理できません。
HTTP ERROR 500」
が、でるので、更新ボタンを何回もクリックするか、F5キーを連打しよう。

スポンサーリンク

泉佐野市ふるさと納税 キャンペーン特典内容

同意事項

★必ず、以下の事項をご了承のうえお申込みください。

  1. 本キャンペーンは、クレジットカード決済限定です
  2. 寄附の取消、変更は、いかなる理由でも一切お受けできません
  3. お礼品、配送月の変更はお受けできません
  4. 配送日、曜日、配送業者の指定はお受けできません
  5. お礼品発送事前連絡はいたしません
  6. 配送業者での保管期間を過ぎた場合、再配送はいたしません
  7. 農産物については、天候等の影響でご希望の配送月を前後する場合がございます。また、災害等によりお届け不能となった場合は、他のお礼品に変更をお願いする場合がございます。
  8. メールマガジン登録
    「さのちょく」で寄附のお申込み時に登録されたメールアドレス宛に、泉佐野市※より、キャンペーン情報やお得な情報など、メールマガジンをお送りいたします。
    ※泉佐野市が業務委託を契約する事業者を含む

■Amazonギフト券の発送について

  • 寄附申込時に登録いただいたメールアドレスに送信します
  • 5月以降順次送信します
  • お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メー ルが正しく届かないことがございます。
  • 以下のドメインを受信できるように設定してください。
    「@furusato-izumisano.jp」を受信設定してください。

スポンサーリンク

amazonギフト券は、換金性が高く、換金率もいいので、殺到することになった。

Amazonギフト券20%が、欲しければ5月以降の配送月指定を選ぶことになる。

お礼品+Amazonギフト券10%が、順次発送。
(例:寄附額10,000円⇒ビール1ケース+Amazonギフト券1,000円分)

お礼品+Amazonギフト券20%が、5月以降の配送月指定
(例:寄附額15,000円⇒ビール1ケース+Amazonギフト券3,000円分)

Amazonギフト券は、5月以降、申込時のメールアドレスに順次発送される。

Amazonギフト券10%還元 対象品

Amazonギフト券20%還元 対象品

スポンサーリンク

泉佐野市、総務省と対決するも、訳あって一旦閉鎖。のコメント 

これまで長らく「泉佐野市ふるさと納税」をご利用くださり有難うございました。
残念ながら、訳あってこの度本市ふるさと納税は、一旦閉鎖する運びとなりました。
これまでご寄附いただいた皆様に感謝し

「100億円還元 閉店キャンペーン!」を実施します
なお、このキャンペーンは、本市の特設サイト「さのちょく」のみで実施します。
「さのちょく」は、直営サイトですので、経費を抑えることができる自治体にやさしい、ふるさと納税の申込サイトです。
皆さまからのお申込みを心よりお待ちしております。

スポンサーリンク

キャンペーンは、さのちょく(直営サイト)からのみ

すごーい。黒毛和牛だ。返礼品の例。

「さのちょく」

スポンサーリンク

返礼品、高額返礼品、選び方、おすすめ(お勧め)

こ、こ、高額品、400万?  こんなのに、寄付する人に、amazonのギフト券 20% -> 80万円分? を返礼品? 狂ってるとしか思えない。

必要寄付額金額の高い順、低い順、新しいお礼の品順などで並びかえたり、カテゴリで選べたりする。

おすすめの返礼品は、地元にお金の落ちる、地元の品が一番ですよね。 それがない自治体もあるってのが、議論ではありますが。

スポンサーリンク

ふるさと納税サイト さとふる 認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

さとふる

牛肉や米等のおすすめ返礼品を掲載。認知度・利用意向No.1(サイト内明記) 今が旬なお礼品特集あり・好きな地域を選べる・毎月届く定期便も充実・簡単 たったの4ステップ。

 

今回のAmazonギフト券付きは、市のサイト「さのちょく」からのみです。

スポンサーリンク

ふるさと納税サイト ふるさとチョイス お礼の品掲載No.1 

ふるさとチョイス

掲載品数No.1のふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」。お肉やお米など全国の特産品21万品目をご紹介。クレジットカードにも対応。ランキングや寄附上限金シミュレーションがあるから初めての方でも寄附が簡単です。

 

今回のAmazonギフト券付きは、市のサイト「さのちょく」からのみです。

スポンサーリンク

楽天ふるさと納税ホームページ 楽天

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税

 

今回のAmazonギフト券付きは、市のサイト「さのちょく」からのみです。

スポンサーリンク

ふるさと納税の是非論で、総務省が返礼品が寄付金の3割めどを指導、自治体 対 総務省

大阪府泉佐野市は、下記、法律改正が行われれば、これまでのようには返礼品を返すことができないとコメント。そして、今回の100億円還元を、閉店キャンペーンとして始めた。

総務省が2019年、法改正を目指す。守らない自治体には、税制上の優遇措置が受けれないように

ふるさと納税制度の見直しをめぐって、返礼品の調達価格が、寄付額の3割を超えているなど通知を守っていない自治体に対して、総務省は、2019年6月以降、納税者が寄付をしても、税制上の優遇措置が受けれないようにする見通し。今回の大阪泉佐野市のケースでは、このことから、最後の閉店キャンペーンと称して、最後の寄付金集めをして、総務省の意向にそっていくしかないということだろう。自治体によっては、ふるさと納税の趣旨から、大きく外れた状態だったものが、総務省の法改正によって、強制的に終了となった。

スポンサーリンク

ふるさと納税とは? ふるさと納税仕組み 納税限度額 還元率

ふるさと納税の仕組みはカンタンです。上の図を使って説明します。

はじめに、(図①)寄付を地方自治体に行います。すると、(図②)ふるさと納税先団体からお礼品が届き、しばらくすると、寄付を証明する「受領書(寄付金受領証明書)」が送付されてきます。

寄付後、(図③)「確定申告」の手続きをすると、寄付者の収入等により寄付の上限額(控除上限額)が定まるといった条件がありますが、(図④)所得税の還付や個人住民税の控除が受けられ、実質的な自己負担額を2,000円にすることができます。所得税の場合は当年分から、個人住民税の場合、翌年6月以降分から減額されます。

ふるさと納税は、基本的に年内に何回でも行うことができます。条件等を確認して、楽しくふるさと納税を活用してください。

スポンサーリンク

ふるさと納税 No.1認知度の「さとふる」さんから、

さとふる 牛肉や米等のおすすめ返礼品を掲載。認知度・利用意向No.1(サイト内明記) 今が旬なお礼品特集あり・好きな地域を選べる・毎月届く定期便も充実・簡単 たったの4ステップ。

 

ふるさと納税とは?(さとふる)

●自治体から「お礼品」として特産品が貰えるふるさと納税

ふるさと納税の魅力のひとつでもあるのが、寄付を行った自治体から貰えるお礼品です。

お礼品の中には、その土地を代表するお肉やお魚をはじめ、特産品・名産品と呼ばれる品が数多くそろっています。

中には、その土地に行かなければ手に入れることが難しいお礼品も用意されており、ふるさと納税で寄付をしたからこそ出会える新しい発見もあります。

寄付という形で地域活性化に貢献できるだけでなく、自治体での取り組みやその土地の名産品・特産品を知るキッカケにもなるのです。

●ふるさと納税をすることで住民税や所得税の還付・控除対象に

ふるさと納税では、行った寄付金額に応じて税金の優遇措置が設けられており、自己負担額が2,000円を超えている場合には、住民税や所得税の還付・控除の対象となります。

控除上限額の範囲内で、所定の手続きを行うことで自己負担額の2,000円で寄付をした自治体からお礼品を受け取ることが可能です。

※控除上限額については、現在すでに住宅ローンの控除を受けている、または年金収入のみの方など、状況により異なります。

スポンサーリンク

ふるさと納税ワンストップ特例とは?

「ふるさと納税ワンストップ特例」とは、寄付をした年の所得について確定申告の必要がなく、ふるさと納税の寄付先の自治体が5つまでの人が利用できる、カンタンにふるさと納税後の税額控除の手続きができる制度のことです。

この仕組みを、上の図で説明します。利用者はふるさと納税をするたびに、(図①)「ワンストップ特例申請書(寄付金税額控除に係る申告特例申請書)」と「マイナンバー提供に必要な本人確認書類(番号確認と身元・実在確認の書類)」を寄付先の自治体(ふるさと納税先団体)に郵送します。

すると、(図②)自治体はふるさと納税をした人(寄付者)の控除に必要な情報を寄付者の住む住所地(市区町村)に連絡し、(図③)寄付者はふるさと納税をした翌年度分の個人住民税の減額(控除)が受けられます。

複雑なようですが、寄付者側から見ると、手続きは書類の提出(図①)だけで完了するので簡単です。ワンストップといわれるのもこのためです。

スポンサーリンク

ふるさと納税の限度額はいくら?

●初めての人でも簡単。ふるさと納税の控除上限額

ふるさと納税を行う上で忘れてはいけないのが、控除上限額です。

ふるさと納税の寄付金控除が最大限に適用される寄付金の控除上限額は年収や家族構成などによって異なるので、自分の控除上限額がいくらなのかを事前に確認しておく必要があります。

控除上限額の早見表やシミュレーションで簡単に確認できます。確認にあたり自身の今年の所得状況などが必要となります。

年末調整を受けた給与所得者が、ふるさと納税にかかる寄付金控除の適用を受けるために所得税の確定申告を行った場合には、給与から源泉された所得税額に対して、その年分の所得に対して納付すべき所得税の額が過大となりますので、差額については還付金として本人の金融機関の口座に入金されます。

また、住民税については、確定申告の対象となった年の所得額等に基づき翌年度の税額を計算するため、寄付金税額控除の適用は翌年度の住民税になります。

※給与の支払者が複数ある場合、給与以外の所得がある人は、確定申告時にはすべての収入が対象となります。給与所得者で年末調整を受けている人については、年20万円以下のその他の所得については確定申告不要制度を適用できますが、確定申告不要制度を適用しない場合には申告義務があります。また、所得税の確定申告不要制度を適用した場合でも、住民税の申告義務はあります。

●一覧で分かる。年収別ふるさと納税の控除上限額の早見表

ふるさと納税の寄付金控除を受ける場合には、実際に自己負担額が2,000円になる寄付金の控除上限額は年収や家族構成、所得控除により決定されます。

寄付金の控除上限額を超えた場合、自己負担額が増えますがお礼品を受け取ることはできます。

ふるさと納税控除上限額シミュレーションのご案内へ(さとふる)

スポンサーリンク

ふるさと納税の申込み方法(4ステップ)

1.寄付をしたい自治体や貰いたいお礼品を決める
ふるさと納税を利用する上でまず初めに決めなければならないのが、寄付をしたい自治体(ふるさと)や貰いたいと思うお礼品です。その土地でしか味わえない希少なお肉やお魚、珍しい地酒など、バラエティーに富んだラインナップがそろっています。
2.寄付を申込む
寄付をしたいと思う自治体を選んだら、実際に寄付を申込みます。
さとふるでは決済方法を複数用意しており、「クレジットカード決済」「ソフトバンクまとめて支払い」「Pay-easy決済」「auかんたん決済」「コンビニ決済」「ドコモ払い」の6種類よりお選びいただけます。クレジットカード払いに対応している自治体であれば、申込みと同時に寄付も完了するため便利です。
3.お礼品を受け取る
自治体からのお礼品が届きます。
ふるさと納税のお礼品は、ご自身でお楽しみいただくだけでなく、大切な方へのプレゼントやお中元、お歳暮などのギフトとしてもご利用いただけます。
4.寄付金受領証明書を受け取る
ふるさと納税を行った証明として、寄付先の自治体から寄付金の受領証明書が送られてきます。
これは確定申告の際に必要となるため、必ず大切に保管してください。
※自治体によっては、お礼品と一緒に同封されている場合や後日送られてくる場合もあります。
5.確定申告をする
ふるさと納税は、確定申告することにより所得税と住民税から寄付金控除が受けられる仕組みとなっています。ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用しないで寄付金控除を受ける方は、確定申告を行う必要があります。
確定申告を行う場合には、④で受け取った寄付金受領証明書を必ず添付してください。
確定申告期間は決まっているため、期限内に忘れずに申告しましょう。
※ふるさと納税ワンストップ特例制度をご利用される方については、確定申告を行う必要がありません。

スポンサーリンク

 

ふるさと納税 No.1認知度の「さとふる」さんから、

さとふる 牛肉や米等のおすすめ返礼品を掲載。認知度・利用意向No.1(サイト内明記) 今が旬なお礼品特集あり・好きな地域を選べる・毎月届く定期便も充実・簡単 たったの4ステップ。

出典:大阪府泉佐野市 ふるさと納税事務局、さとふる

-PayPay, お金、決済, キャンペーン, ブログ

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.