家電

録画機能付きテレビの台頭 三菱電機 REAL

投稿日:2018年6月30日 更新日:

録画できるテレビというジャンルが、ブルーレイディスクレコーダーの市場をどれだけ奪っていくか、今後、面白いですね。

まず、ブルーレイディスクレコーダーがいらなくなれば、

メリットとして、

  • 省スペースになる
  • 配線がごちゃごちゃしない
  • 設置が簡単(配線で悩む必要なし)
  • リモコンが一つで済む

現状なぜ、テレビ一体型だけにならないのかを考えると、

  • 高機能な使い方ができない。(テレビ内蔵のCPUでは処理能力が限られる。)
  • チューナーの数によって、同時録画できる数が決まる
  • HDD故障したときに、テレビ一体だとどうするか?
  • テレビが少し、録画機能分だけ体積増える

なんか、、テレビの進化が進んだら、一体化していく方が、あたりまえな流れのような気がする。

そのうち、「え、昔は、録画する機械とテレビがあったんだよ」という話になるかも。

三菱電機 REAL:

http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ctv/product/lcd-58ls3/recording.html

え、スマホ連携で、外出先から録画予約まで、、できるのか。。

基本的機能全部はいってますね。容量2TB。

来年、再来年のレコーダー市場がどうなっていくか、見守りたいと思います。

-家電

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.