AI 世界を変える人 孫正義

世界を変える人 孫正義 ソフトバンクビジョンファンドはAIのため 2019年1Q決算説明会

投稿日:2018年8月6日 更新日:

Softbank Vision Fundは、AI企業群を集めるためのものだったことが分かりました。IT関係企業のよさそうなものを片っ端から、買収しているだけかと思ってた自分が馬鹿でした。

情報革命の主戦場は、AIに  AIが全ての産業を再定義していく

Copyright © SoftBank Group

 

1年前までは、企業数ゼロだったのが、ユニコーン企業いっきに増えた。

不動産、建設、メディカル、Eコマース、通信、マップ、ロボット、なんの一貫性もないようにみえるかもしれない。

一貫してることが一つだけあります。

AIです。

Copyright © SoftBank Group

 

・wework と AIを考えてみる

22万メンバ数まで増えた。

スタートアップの企業が、いままでは中心だったが、大企業(エンタープライズメンバー)が入ってきている。24%比率までなっている

weworkは、一言でいうなら ワーキングネットワーク(貸しオフィス業ではない。)

スタートアップと大企業が交流

ソフトバンクの社員がweworkに異動(移動)している。

ソフトバンク本社も、weworkに全部、異動(移動)も考えている。(すごいですねー)

Copyright © SoftBank Group

wework自体、AIを使って、

  • スペース最適化
  • 料金の最適化
  • 建設の最適化
  • サービス改善

を行い、ワークプレイスを、ものすごい数のAIカメラで、分析し、最適なワーキング Enviroment を提供しようとしている。

〇〇をするなら、誰と相談したらいいか、レコメンデーションする。

・OYO ホテル経営  (別のAIの例)

部屋数、10万部屋。おそらく、年内には20万部屋

Copyright © SoftBank Group

AIを使った

  • ヒートマップ(需要予測)
  • ダイナミックプライシング(一日4300万回の価格調整を行い)

・フルトラックアライアンス

Copyright © SoftBank Group

  • マッチングの最適化
  • 稼働率の最適化
  • 料金の最適化
  • 取引リスク最小化

トラックのマッチング化では、中国が一番進んでいる

・light

焦点の距離が異なったカメラを10個、20個つなげて、AIを使って、分析可能(画像解析)

紹介ビデオ(59分目)
引っ越し便利
セキュリティカメラが犯罪防止
車が安全を守ってくれる
迷子になったら、すぐに見つけてもらえる
家が、家族のことを理解する

AIを活用した3D空間認識

・ライドシェア
AIによるエリアごとの需要予測

・AIでの自動運転(Cruise)
人間が運転するから事故が起きる。

  • サンフランシスコのチャイナタウン(混雑環境)
  • 道路工事をしている区域で手信号を判断
  • 信号が故障している環境

といった環境でも、見事に自動運転をしている。

Softbank Vision Fundが出資している企業は、全部AIを使っている。

 

ソフトバンクグループ株式会社 2019年3月期 第1四半期 決算発表 プレゼンテーション資料

ソフトバンクグループ株式会社 2019年3月期 第1四半期 決算説明会 動画

-AI, 世界を変える人, 孫正義

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.