iPhone メルペイ

アップルストア銀座にて、iPhone バッテリー交換してみた。予約アポなし、即日対応に感動

投稿日:

正直、アップルストアでの修理対応には、あまりいいイメージがなかったのですが(時間がかかる。予約とかめんどくさい。値段が高いというイメージ)、今回、銀座に行ったついでに、アップルストアに寄って、iPhoneバッテリー交換をお願いしてみた。(iPhone6Sが、OSアップデートにより、急激に電池残量が減る現象になったため)

休日の混んでいる日に、予約(アポイント)なし。ダメ元で、値段がいくらかかるかも知りたかったしーという軽いノリで入ってみた。まあ、当日、修理は無理で、そもそも予約してないから、、、、店内の雰囲気でもみるかといったところ。いい意味で、私の固定概念は崩れました。その場で、1時間ほど待って、交換できて大満足

スポンサーリンク

iPhone 6Sが、OSアップデートにより、急激に電池残量が減る現象に

ことの発端は、最近活躍の頻度が下がってきた、iPhone 6S、OSのアップデートを久しくしていなかったのでやってみたところ(基本的にOSのアップデートをすると、問題が起きるのでやりたくなかった)、今までインストールできないアプリがインストール可能になったという喜びも束の間。急激に電池残量が減る現象に見舞われた。案の定、最悪の事態になってしまった。まともに、数十分使ったら、電源が切れるという状態に。これだと、さすがに困るなあと、思っていた。当然、メインのスマホではないので、かなりの期間、放置。

そんなある日、歩いていると、そこに、なんとアップルストア銀座が目の前にあるではないか。これも何かの縁。バッテリー交換をせよ ということか。

店内に入ってみよう。 

活気があっていいなあ。どこのアップルストアに行っても、テンションが高くなってしまう自分がいる。製品をみるのではなく、エレベーターに乗り込む、アップル銀座のエレベーターには、行く先の階を押すボタンも閉まるボタンとかありません。おしゃれというのか、不便というのか。ようは巡回エレベーターです。

スポンサーリンク

修理は、4階へ。(Genius Bar、ジーニアスバー)

4階に直通のと、そうでないエレベーターがある。2階?に、セッションといって、例えば「フォトスキル:iPhoneで写真を撮ろう」などといった無料の講習が受けられる場所があります。お手洗いは、3階?だったか。シアター風のアップル製品のムービーをひたすら流している空間があり、それと同じ階の奥の方に、重いドアの奥にあります。(豆知識まで、4階の修理のところにはトイレはないよ。というだけ)

とにかく、4階に行きました。アップルスタッフさんの数に圧倒されますが、こんな人数で対応しているのかと。儲かってますねー。アップルさんといいたくなる。

アップルスタッフがお出迎え、予約の番号は? と聞かれました。

もちろん、予約していませんと答え、その場で、予約をいれました。そして、ちょっと待ったら、男性スタッフさんが、こっちにきてーというので、机の上で、立ち話状態に。

これこれこういう訳で、バッテリーの持ちが急激に悪くなりましたあー。と述べる。

確か、去年だったか、バッテリー無償交換?のようなサービスがあったと思い出したので、これも無償にならないか、期待していたが、どうやらそれはなさそうだ。(がっくし) まあ、いいや。

スポンサーリンク

自己診断モードにて、バッテリー劣化が判明

スタッフさんが華麗に設定をして、自己診断モードで、「バッテリーが劣化していると判明」。当たり前といえば当たりまえの結果。

バックアップは、とってきましたか?と言われて。 言葉に詰まる。 クラウドでにとれていることを確認。 ほっと一息。

私:「今日の今日で、バッテリー交換できますか?」  

アップルスタッフさん:「はい。1時間ほどで」 

私:「値段は?」

アップルスタッフさん:「5400円(税抜き)です。」

私:「それ以外にかかる費用はありませんか?」

アップルスタッフさん:「ありません。」  (現金、クレジットカードで支払えます。)

予約なしできて、今日すぐにできるという、あっけない返答に いい意味で ラッキー と思った。 結構前から、バッテリー交換くらいなら、即日は当たり前らしい。なんと、画面割れとかでも、即日っぽい。 在庫さえあれば、やってくれるようだ

私:「お願いします。」

アップルスタッフさん:「こちらにサインを。」 (バッテリー交換時に、間違って作業してしまった場合の本体交換とか、iPhoneのデータが消えてしまっても文句はいえませんよ。というサインです。)

 

注意点:自分が使っているApple ID や、メールアドレスなど聞かれるので、答えられるようにしておこう。また、パスコードの解除がされた状態で預けることになる。スタッフも、アップルのシャツを着ているから、信頼できるが、フリーアドレス(スタッフが自分の端末をもって、その場で処理するので、決められた場所があるわけではない。)なので、その場で、バイバイしていく際に、スタッフさんが、修理場の奥の方に、ちゃんとアイフォンを持って行ってくれているのを確認してしまった。

この不安感は、アップルストアでものを買う時も、あるものですよね。レジに行って買うというのに慣れてしまっているので。

で、この待ち時間、1時間の過ごし方ですが、店の外にでてもいいのですが、せっかくアップルストアに来ているので、セッション(アイフォンのトレーニング講座)とか、1階に戻って製品をみたり、シアター風なところで、アップル製品コマーシャル動画をみたりとしているうちに、すぐに経ってしまいました。

スポンサーリンク

見事、バッテリー交換完了

なんの問題もなく、バッテリー交換がされました。 会計を済ませて。以上。それだけ。 なんとあっけないものだろうか。

#ずぼらな、私の今回のケースは、たまたまうまくいっただけかもしれませんので。 ちゃんと予約をとってから、行きましょうね。

ただ、そもそも、予約をして、修理に行く時間があるか? わざわざいくか?という問題も。

アップルだけの話ではなくて、なんでもそうですが、そもそも、修理する予約をとるめんどくささ。症状を説明するめんどくささ。その時間的、損失はユーザー側からすると、かなりの損失。お店にとっては、予約をして、症状をきちんと把握して行いたいというのは、もっともなんですが、、この辺を テクノロジーの力をつかって、もっと楽にできるような世の中にならないかなあ。と妄想してしまう。

でも、今回のバッテリー交換に関しては、感動ーでした。iPhone11に乗り換えを検討してる人には、バッテリー交換自体は、結構、簡単だったよという。今の端末を長く使うという選択肢だったり、中古として売る際に、状況次第では、バッテリー劣化が激しい場合、交換してから売った方がいい場合ってないのだろうか?と考えてしまう。

かなり、横道にそれてしまいますが、メルペイを使っていて、こんなメッセージも入ってきましたよ。

スポンサーリンク

iPhone11 乗り換え時に、メルカリでiPhone  売ると、キャリア下取りより高く売れる場合もある

この時期、買い替え需要が多いのだろうか、メルペイを使っていて、「メルカリなら、キャリア下取りより高く売れる」というメッセージが入っていた。キャリア下取りに出すより、メルカリで出品する方が、高く買ってくれるようだ。

iPhone8では、37000円が3大キャリアの買い取り最高価格に対して、メルカリ取引価格相場では、49000円とのこと。

出品するためのお約束事等が色々あるので、それを理解した上で、乗り換え時に売る際の一つの選択肢として覚えておこう。

ちなみに、メルカリで物を売ったときの売上金を、今話題のキャッシュレス決済で使えることは知ってるだろうか? メルカリがやっているキャッシュレス決済が、メルペイだ。メルペイの始め方は、こちら。(現在、キャンペーンラッシュなので、お得です。)

出典:Apple銀座

-iPhone, メルペイ

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.