ブログ 宇宙

はやぶさ2 リュウグウへの着陸延期(来年1月以降へ)厳しい凹凸地形の克服必要

投稿日:2018年10月11日 更新日:

10月11日の小惑星探査機「はやぶさ2」記者説明会にて、JAXAは、10月下旬に予定していた「はやぶさ2」のリュウグウへの着陸を延期することを発表した。リュウグウ表面の岩ゴロゴロ状態、厳しい凹凸地形の克服が必要とのこと。慎重に時間をかけて、行う模様。

 

「砂地に岩(ボルダー)が散在している」 というイメージではなく,「地面そのものが,大小さまざまな岩の集合」とのこと。

Hayabusa2の新しいタッチダウンスケジュール

これまでに6回の降下運用を行ってきた。
その航法誘導の実績およびリュウグウ表面の状況を考慮し、今後のスケジュールを再検討し
た結果、以下に示すスケジュールに変更。

■新しいスケジュール
• 10月14日〜15日 :TD1-R1-A(2回目のTDリハーサルに相当)
• 10月24日〜25日 :TD1-R3(3回目のTDリハーサルに相当)
• 11月下旬〜12月 :合運用
• 2019年1月以降 :1回目のタッチダウン
※2019年1月以降の運用スケジュールは、TD1-R3までの結果を踏まえて合運用
期間中に検討する

「はやぶさ2」を安全に着陸させるために、より詳細に観測するとのこと。それだけリュウグウは岩だらけで平らなところがなく難しいってことですね。失敗しては意味がないので、慎重にやるため延期した判断はお見事。楽しみはとっておきましょう。

 

大幅に延長する裏には、下記の理由も。

合運用とは?(2018年11月下旬から12月末まで、はやぶさ2と通信できず)

•深宇宙探査機の運用における「合」とは、地球から見たときに探査機が太陽とほぼ重なる方向にある場合のことを指す。(天文学の「合」と同意)
•合となると、太陽が放射する電波によって探査機との通信が確保できなくなる。
•合の期間はクリティカルな運用は行わない。
「はやぶさ2」では合の期間は2018年11月下旬から12月末まで
=> この間、太陽が邪魔して、「はやぶさ2」と地球で通信ができない。

 

はやぶさ2に関して、下記にまとめています。

JAXA小惑星(リュウグウ)探査機「はやぶさ2」 目的、スケジュール、現在地など 今の状況を解説

 

 

-ブログ, 宇宙

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.