医療

BAND-AID バンドエイドの進化 キズパワーパッド

投稿日:2018年6月28日 更新日:

バンドエイドの進化です。今日、実は、中指に軽い傷をつくってしまい、キーボードを打つときも、擦れて痛い。そんなとき、貼るだけで痛みがなくなり、完全防水で手も洗え、なおかつ「かさぶたの代わりとなって」傷をはやく直してくれるバンドエイド キズパワーパッドの凄さを再認識したので紹介です。

© Johnson & Johnson K.K. Consumer Company 2000-2018

結構前から、買ってあったんですが、本日、使って良さを実感。まず、貼ると指同士が擦れて痛いということが全くなった。すでに、ケガしていることを忘れている自分がいる。傷の部分が白く「ぷくっと」膨らんできて、治してくれてることを実感。

 

料理をする指には、必須ですね。

© Johnson & Johnson K.K. Consumer Company 2000-2018

 

雨の日が多かったので、雨専用の靴を履いてて 靴ずれしてたんですが、そもそも、バンドエイド貼るという発想がでなかった。

靴ずれ用のキズパワーパッド

© Johnson & Johnson K.K. Consumer Company 2000-2018

 

ひじ、ひざ 用もありました。

© Johnson & Johnson K.K. Consumer Company 2000-2018

 

キズパワーパッドは、進化したテクノロジー

 

モイストヒーリング(湿潤療法)とは? 普通のドライヒーリングと何が違うか?

© Johnson & Johnson K.K. Consumer Company 2000-2018

 

こんなに色んな種類が、色々な部位に対応 (水仕事用、ジャンボサイズも)

© Johnson & Johnson K.K. Consumer Company 2000-2018

 

フットケア(タコ、ウオノメ、除去用、保護用。外反母趾用、マメ、靴ずれ)

© Johnson & Johnson K.K. Consumer Company 2000-2018

 

ここまで種類いっぱいでてたんですね。テクノロジーは活用しましょう。一度、使ってしまうと、昔のBAND-AID(バンドエイド)にもどれなくなる?

そもそも、バンドエイドの始まりは、料理で手をケガする妻への「愛情」をカタチにしたものだそうです。
以来、約一世紀。さまざまな「愛情」を、その時代時代の「テクノロジー」でカタチにし、そして積み重ね、快適なキズケアを提供し続けてきて、近年では、医療現場やアスリートから広まった、キズパワーパッドに代表される「早くきれいに治る」ばんそうこうがキズケアの選択肢の一つとして定着してきました。とのことです。

http://www.band-aid.jp/

身近なテクノロジー紹介でした。

-医療

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.