iPad

2019年新型 iPad Air ひっそりと発売 現行iPad ProとiPadとの比較、違い

投稿日:

iPadの新型は、そろそろだよなあーと思っていたところ、なんと気づかないうちに2019年新型 iPad Airが発売されていた。(3月18日に発表されていた。)今回のタイミングでは、実に3年半ぶり?のiPad mini(2019)が復活、今回紹介の新型iPad Air そして、第2世代のAir Pods(ワイヤレス充電に対応)の3つが私にとっては気になったところ。

予想として、2019年のiPadの新型については、2018年11月発表のiPad Proや、iPhoneXS/XRの流れと同様に、ホームボタンが消えTouch IDから、Face IDに切り替わり、iPadの全面が画面(スクリーン)になる可能性もあるかな? 2018年の第6世代のiPad(ホームボタン付き)との併売は、するにしても、ホームボタンをなくしていく方向性かと思ったが、やはりアップルも、消費者がついてこれない現状を直視したというところだろうか。(ホームボタン、Touch ID、イヤホンジャック等、いっきに無くすのは無理と。)ホームボタンは消えなかった

驚いたのは、今回、2018年の第6世代のiPadを置き換えるモデルが出てきたというわけではなく、iPad Airというモデルが出たこと。iPad Airは、2013年に第1世代、2014年に第2世代、そして、今回2019年に第3世代が登場。iPad にAirという文字がつくことに何の意味があるのか、正直、わからないが、昔は薄く軽くなったというイメージがある。今回の特徴は、ずばり、Smart Keyboard対応(今までのiPadでは純正スマートキーボードは使えなかった)くらいだろうか。Smart Keyboard欲しいーーー

created by Rinker
Apple(アップル)
¥60,270 (2019/10/14 11:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

位置づけは、現行のiPad Pro 11インチモデルと、現行のiPadの中間モデル

現行のiPad Pro 11インチモデルと、現行のiPadの中間モデルという位置づけで、ラインナップを増やしただけともとれる。iPad mini(2019)の復活も含めると、ラインナップ数を増やして、全体としてiPad系の台数を売っていきたいということかなと感じる。

価格の比較(WIFIモデル)でも、現行iPadの32GB 37,800円(税別)と、現行iPad Pro 64GB  89,800円(税別)の中間の64GB 54,800円(税別)だ。

逆にいうと、なんで、今まで、この位置づけのラインナップがなかったの?という感じもあるが、普通の人が使うには、現行iPadの32GB 37,800円(税別, WIFI)で十分だろう。この第6世代iPadは、最強コスパで、一人一台持っているべきものと筆者は思っている。

iPad愛を語ってしまうのは、初代iPadの衝撃から、iPadの虜になっているからなのだが、やはり、iPadは、子供からお年寄りまでが持つべきITデバイスであって欲しいと思う。初期設定さえクリアできれば、誰にでも使えるデバイスだからだ。誰もが、テクノロジーの恩恵にあずかれる世の中であるべきだと思う。

2019年新型 iPad Airと、現行iPad Pro11インチ、現行iPad との比較

  現行 iPad Pro 11インチ 2019年3月新型 iPad Air 現行 iPad
価格
  • Wi-Fiモデル89,800円(税別)から

  • Wi-Fi + Cellularモデル106,800円(税別)から

  • Wi-Fiモデル54,800円(税別)から

  • Wi-Fi + Cellularモデル69,800円(税別)から

  • Wi-Fiモデル37,800円(税別)から

  • Wi-Fi + Cellularモデル52,800円(税別)から

ディスプレイ 11インチLiquid Retinaディスプレイ
ProMotionテクノロジーとTrue Tone
10.5インチRetinaディスプレイ
True Tone
9.7インチRetinaディスプレイ
認証 Face ID Touch ID Touch ID
プロセッサ Neural Engineを搭載した
A12X Bionicチップ
Neural Engineを搭載した
A12 Bionicチッ
A10 Fusionチップ
ストレージ 最大 1TB 最大 256GB 最大 128GB
Apple Pencil Apple Pencil第2世代)に対応 Apple Pencil第1世代)に対応 Apple Pencil(第1世代)に対応
対応キーボード Smart Keyboard Folioと

Bluetoothキーボード対応
Smart Keyboard(10.5インチ)

Bluetoothキーボード対応
Bluetoothキーボードに対応
コネクタ USB-Cコネクタ Lightningコネクタ Lightningコネクタ
容量と価格
  • Wi-Fiモデル
    64GB 89,800円(税別)256GB 106,800円(税別)512GB 128,800円(税別)1TB  172,800円(税別)
  • Wi-Fi + Cellularモデル64GB 106,800円(税別)256GB 123,800円(税別)512GB 145,800円(税別)1TB  189,800円(税別)
  • Wi-Fiモデル
    64GB 54,800円(税別)256GB 71,800円(税別)
  • Wi-Fi + Cellularモデル64GB 69,800円(税別)256GB 86,800円(税別)
  • Wi-Fiモデル
    32GB 37,800円(税別)128GB 48,800円(税別)
  • Wi-Fi + Cellularモデル32GB 52,800円(税別)128GB 63,800円(税別)
バックカメラ 12メガピクセルの写真 8メガピクセルの写真 8メガピクセルの写真
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(30fpsまたは60fps) 1080p HDビデオ撮影 1080p HDビデオ撮影
スピーカー 4スピーカーオーディオ スピーカーオーディオ 2スピーカーオーディオ
SIM

nano-SIM
(Apple SIMに対応

eSIM 

nano-SIM
(Apple SIMに対応

eSIM

 

nano-SIM
(Apple SIMに対応

Apple SIMに対応(別売り) 

主な違いは、上記のようなものです。今回、iPadが発表、発売されたので、しばらくは、次のモデルが出ないかと思うと非常に残念。1年待ちか?

私が、ピンときた点は1つのみ。Smart Keyboard対応で、新型iPad Airを使いたくなるかどうか?

iPad Proの前回発表の際も、Smart Keyboard Folioが、欲しくてたまらなかった。

あとは、ディスプレイが良くなり、プロセッサが良くなったことによって動作はもちろん早くなったり、薄型軽量(微妙)はあります。

iPad Air 仕様

created by Rinker
Apple(アップル)
¥60,270 (2019/10/14 11:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

Smart Keyboard(フルサイズのキーボードで、守る。)

Smart Keyboardを使えば、いつでも必要な時に、フルサイズのキーボードでレポートを書いたり、プレゼンテーションを作ることができます。ペアリングも充電も不要で簡単に取りつけられるので、どんな時でもすぐに作業に取りかかれます。使い終わったら、折りたたむだけでスリムで軽いカバーになります。

 

 

出典:アップル

-iPad

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.