iPad iPhone

2018年新型iPad Pro発売 価格、サイズ、仕様(スペック)、機能 11 vs 12.9インチ比較

投稿日:

11月7日に、新型iPad Pro(11インチ、12.9インチの2モデル)が発売された。iPadの歴史を塗り替えてきました。ざっくりいうと、iPhoneXで入ってきた機能群(ハード、ソフト)がごっそりiPad Proに入ってきました。(ホームボタンが無くなり、エッジからエッジまですべてがスクリーン(画面に)。顔認証Face IDなど)さすがに有機ELディスプレイではないですが。 iPhoneX(iPhoneXS)になったiPad Pro(アイバッド プロ)とでも呼ぶべきだろうか。アクセサリーのSmart Keyboard Folio、Apple Pencil(第2世代)の登場も衝撃です。

 

iPad歴史上、最薄の5.9mmを実現

iPad Proのデザインは、「変えていないのは名前だけ」というくらい今までのiPadと変わっており、「一枚の魔法のガラスを作りたい。そのビジョンを究極の形で体現したのが、新しいiPad Pro」とアップルが表現している。iPad史上最薄の5.9mmだ。11インチiPad proは、468 gと、iPad 第6世代モデル(9.7インチ)より1g軽い。

従来は、iPadと、iPad Proの違いが、それほどなくなっていたが、これで、通常iPadとiPad Proの機能差が鮮明になった。

 

iPadは、累計4億台、昨年のノートPCセールスと比較でもナンバーワン

発表会でのクックCEOの発言からは、ノートパソコンへの対抗意識も、のぞかせた。iPad Proをノートパソコンの代替として使わせる戦略をとろうとしているのだろうか?(Macbookとは競合させないと思うが。マイクロソフトのSurface対抗か?)

iPadは、累計4億台が販売され、タブレットの中では最もポピュラーなものであると述べるとともに、昨年のノートパソコンのワールドワイドのセールランキングでみても、iPadが、(ノートPCとの比較においても)ナンバーワンであることを熱をこめ、語った。(Macの数字は入ってないですからね。)

 

2018年iPad Pro(アイパッドプロ)の進化点、変更点、できること

一言でいうなら、「iPad ProのiPhoneX, XS化」だ。CPUの高性能化(A12X Bionicチップ)や、FaceIDの横縦どちらでも認証可能、USB-C搭載など、iPhoneXSの機能を超える部分も。

  • デザイン一新(ホームボタン廃止、全てがスクリーンに) ベゼルレスデザイン
    厚さが、5.9mmと過去最薄のiPad (バッテリー持続時間10時間はそのまま)
  • 認証技術が、指紋認証Touch ID(廃止)から、顔認証Face IDに変更
    Face IDでは、横向きでも縦向きでも認証可能に
  • CPU高性能化(A12X Bionicチップ)、Neural Engine搭載
    ほとんどのノートパソコンの性能を超えると発表
  • Lightning端子が無くなり、代わりにUSB-C搭載
    iPhoneへの給電が可能に。
    標準で外部モニター出力可能に。
  • イヤホンジャックが無くなった。
  • Smart Keyboard Folio
    今回の発表を見ていると、買わずにはいられない。
    iPad Proとセットで購入されることを意識したノートパソコン化のための重要な要素
  • Apple Pencilが第2世代に
    今回の発表を見ていると、買わずにはいられない。
  • 1TBモデル追加
  • メインカメラ(背面)
    スマートHDRに対応
    厚さを薄くしたため、光学式手ぶれ補正で無くなった(レンズが6枚構成から5枚へ)
  • フロントカメラ
    スマートHDRに対応
    ポートレートモード、ポートレートライティング、アニ文字とミー文字に対応
  • 色(カラバリ):シルバー、スペースグレーのみ(ゴールド、ローズゴールドのモデルが無くなる)
  • eSIM
  • 価格上昇
    本体価格が上がったことと、アクセサリ類の買い直し(Smart Keyboard Folio、Apple Pencil第2世代、イヤホンジャック廃止のため、必要ならワイヤレスイヤホン)
  • iPad ProのためのPhotoshopは、2019年にでてくる。

iPad Proの比較表(11インチ、12.9インチの違い)

今回発売されたiPad Proは、11インチ、12.9インチの2種類です。主な違いのある部分だけとりあげてみます。

容量と価格(値段)

WIFIモデル 12.9インチiPad Pro 11インチiPad Pro
64GB 111,800円(税別) 89,800円(税別)
256GB 128,800円(税別) 106,800円(税別)
512GB 150,800円(税別) 128,800円(税別)
1TB 194,800円(税別) 172,800円(税別)
Wi-Fi + Cellularモデル 12.9インチiPad Pro 11インチiPad Pro
64GB 128,800円(税別) 106,800円(税別)
256GB 145,800円(税別) 123,800円(税別)
512GB 167,800円(税別) 145,800円(税別)
1TB 211,800円(税別) 189,800円(税別)

サイズと重量(重さ)

12.9インチiPad Pro 11インチiPad Pro
高さ 280.6 mm 高さ 247.6 mm
幅 214.9 mm 幅 178.5 mm
厚さ 5.9 mm 厚さ 5.9 mm
重量(Wi-Fiモデル)631 g 重量(Wi-Fiモデル)468 g
重量(Wi-Fi + Cellularモデル)633 g 重量(Wi-Fi + Cellularモデル)468 g

参考:iPhoneXS(厚さ7.7mm、重さ177g), iPhoneXR(厚さ8.3mm、重さ194g)  iPhoneXS, XRより薄い

ディスプレイ

12.9インチiPad Pro 11インチiPad Pro

IPSテクノロジー搭載12.9インチ(対角)LEDバックライトMulti‑Touchディスプレイ

IPSテクノロジー搭載11インチ(対角)LEDバックライトMulti‑Touchディスプレイ

2,732 x 2,048ピクセル解像度、264ppi

2,388 x 1,668ピクセル解像度、264ppi

電源とバッテリー

12.9インチiPad Pro 11インチiPad Pro
36.71Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵 29.37Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー

全モデル
Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間
電源アダプタ、またはUSB-C経由でコンピュータを使って充電

Wi-Fi + Cellularモデル
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間

CPU高性能化(A12X Bionicチップ)、Neural Engine搭載

今回のiPad Pro、ここ1年間の現状の92%のノートパソコン(ポータブルPC)より、高速。

A12X Bionicは最も賢く、最もパワフルなAppleのチップ。毎秒5兆の演算処理を行い、高度な機械学習ができるようにするNeural Engineを搭載しています。

A12X Bionicでグラフィックスが2倍速い(1世代前と比較)。だから、iPad Proは拡張現実に最適なマシンになり、臨場感あふれるゲームにも理想的です。

USB-C採用へ、Lightning端子は廃止

USB-Cは、外付けディスプレイやカメラなどのアクセサリと高性能な接続ができるようにします(USB-Cデバイスケーブルは別売りです。)
外部ディスプレイへの出力は、最高5K解像度まで。(プロの方の使用向けですね。)

そして、写真からもわかるように、USB-Cにより、iPad Pro側から、iPhone(他のデバイス)への給電が可能になりました。発表会では、ここで、聴衆からの歓声がわきあがりました。iPad Proがあれば、いざという時に、iPhoneへの充電が可能になったので、モバイルバッテリーを忘れてしまっても、大丈夫。

 

Face ID搭載(iPad Proでは、縦向きでも横向きでも顔認証可能)

TrueDepthカメラシステムは、複数の革新的なテクノロジーで構成されています。(ドットプロジェクタ、赤外線カメラ、投光イルミネータ、A12X BionicチップのSecure Enclaveなど)それらがリアルタイムで連係しながら、あなたの顔の精緻な深度マップを活用して、あなただけを一瞬で認識します。

iPad Proに搭載された特別なTrueDepthカメラシステムは視野が広いので、縦向きでも横向きでも顔認証(Face ID)を使うことができます。さらにこのカメラシステムは、ポートレートモード、Clipsのセルフィーシーン、メッセージアプリケーションのアニ文字やミー文字、グループFaceTimeなどの機能も使えるようにします。

  • ドットプロジェクタ
    3万以上の目に見えないドットをあなたの顔の上に投射し、あなただけの顔のマップを作ります。
  • 赤外線カメラ
    赤外線カメラがドットのパターンを読み取り、赤外線画像を撮影します。このデータが照合のためにA12X BionicチップのSecure Enclaveに送られます。
    すべてがあなたのデバイス上で行われるので、クラウドにデータが送信されることは一切ありません。
  • 投光イルミネータ
    目に見えない赤外線により、暗い場所でもあなたの顔を特定しやすくなります。

Face IDに関しては、以下にまとめています。

【完璧】 Face IDの全て iPhoneXS/iPhoneXRの機能

 

Smart Keyboard Folio(フル キーボード、裏も表も守るケース) 価格は?

ほ、欲しい。フルキーボード。

新しいSmart Keyboard Folioは、必要な時にいつでもフルサイズのキーボードになり、快適にタイピングができるようにします。そのうえ耐久性のある軽いカバーとして、新しい11インチと12.9インチのiPad Proの前面と背面を守ります。新しいiPad Proに

さっと取りつけるだけ。

まずは、価格ですが、

12.9インチiPad Pro用
Smart Keyboard Folio
11インチiPad Pro用
Smart Keyboard Folio
¥22,800 (税別) ¥19,800 (税別)

 

 

Smart Keyboard FolioはiPad Proの背面に磁力でついて、あなたの移動中は前面と背面を守ります。キーボードが必要になったら、前面部分を広げるだけです。

磁力??

なんと、使っている磁石が、102個。これだから、iPadが、ゴミ箱や冷蔵庫(磁石がくっつくものなら)に、貼りついちゃうよ。とかいう話になるんですね。

すごい数の磁石(マグネット)、Smart Keyboard Folioが、背面(画面と反対側)にもピタッとくっつくようにと、Apple Pencil第2世代がピタッとくっつくように、見事に計算され、配置されております。

iPad Proとの接続は一瞬

Smart Keyboard Folioはスイッチもプラグもペアリングもいらない革新的なテクノロジーを持っています。だから取りつけるだけですぐにタイピングを始めることができ、取り外すとオンスクリーンキーボードが自動的に現れます。

 

Smart Connector。プラグなし。ペアリングなしSmart ConnectorがiPad ProとSmart Keyboard Folioの間でデータと電力の両方をやり取りするので、バッテリーも充電も必要ありません。

 

自動でスリープ状態から復帰。つまり、いつでも準備完了。あなたがSmart Keyboard Folioを開くとiPad Proがスリープ状態から復帰し、閉じると再びスリープ状態に戻ります。だから何をする時でも、すぐに取りかかることができます。

選べる2つの角度

 

文字入力にも映画鑑賞にもベストな角度を。Smart Keyboard Folioは、どんなことをするのにも最適なスタンドにもなります。開いたら、2つの角度のうちいずれかを選んでiPad Proを置きましょう。

 

キーボードを使ったショートカットが使えます。
対応するアプリケーションであればどれでも、Commandキーを長押しするとショートカットが表示されます。

 

Apple Pencil第2世代 自動ペアリング、ワイヤレス充電、磁力で取りつけ

Apple Pencil最近、買った人は、もう次ですか。とがっくり来てるかもしれませんが。私もその一人。とはいえ、今回のiPad proとApple Pencil第2世代の両方を買わないと、いけないので、すぐに切り替わる話ではないと思いますが。

とりあえず、価格から。単価が上がってる感じが、3700円アップです。 Smart Keyboard Folioと合わせると税込みで4万円近くしちゃうじゃないのー。iPad Proと3点セット売りで安くしてください。アップルさん。

Apple Pencil(第2世代) Apple Pencil
¥14,500 (税別) ¥10,800 (税別)

 

Apple Pencilは、絵を描いたり、メモを取ったり、書類に注釈を加える時の使い心地に基準を打ち立てました。それは、直感的で、精密で、魔法のよう。新しいApple Pencilは、その体験を次のレベルに引き上げます。これからはダブルタップするだけでツールを切り替えたり、ワイヤレスでペアリングや充電を行うことができます。さあ、Apple Pencil(第2世代)を手に取って常識を書きかえましょう。

新しいApple Pencilは、iPad Proの側面に磁力で取りつけられます。とてもしっかりカチッとつくので安心です。取りつけると充電が始まり(ワイヤレス充電)、あなたのデバイスと自動的にペアリングされます。さらに、Apple Pencilの新しい操作方法も加わりました。これからはApple Pencilを持ったまま、ダブルタップするだけでツールを切り替えられます。

 

Apple Pencilに刻印して、自分だけのものにすることさえできます。(オンライン購入時)

 

新しいApple Pencilでは、人差し指を置いている場所をダブルタップすると、ブラシのサイズやモードを切り替えられます。最もよく使うツールの間で簡単に切り替えられるように、タップをカスタマイズすることもできます

 

極めて反応が良く、この上なく精密。Apple Pencilは、ピクセルレベルの精密さが求められる時に最適なツールです。テクニカルイラストレーションから写実的な肖像画まで、髪の毛のように細い線などを使って、あらゆるものを1ピクセル単位で緻密に描くことができます。強めに押すと太めの線を、軽めに押すと細めの線を描け、Apple Pencilを傾けるだけで濃淡を作り出せます。描き始めてから画面上に表示されるまでのタイムラグはほぼゼロです。

 

2018年新型iPad Proの共通 スペック(仕様)

ボタンとコネクタ

 

同梱物
  • iPad Pro
  • USB-C充電ケーブル(1m)
  • 18W USB-C電源アダプタ
チップ
  • 64ビットアーキテクチャ搭載A12X Bionicチップ
  • Neural Engine
  • 組み込み型M12コプロセッサ
カメラ
  • 12メガピクセルカメラ
  • ƒ/1.8絞り値
  • 最大5倍のデジタルズーム
  • 5枚構成のレンズ
  • クアッドLED True Toneフラッシュ
  • パノラマ(最大63メガピクセル)
  • サファイアクリスタル製レンズカバー
  • 裏面照射型センサー
  • ハイブリッド赤外線フィルタ
  • Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
  • タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
  • 手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • 強化されたローカルトーンマッピング
  • 露出コントロール
  • ノイズリダクション
  • 写真のスマートHDR
  • 自動手ぶれ補正
  • バーストモード
  • タイマーモード
  • 写真へのジオタグ添付
  • 画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影
  • 4Kビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
  • 1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
  • 720p HDビデオ撮影(30fps)
  • クアッドLED True Toneフラッシュ
  • 1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
  • 手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
  • 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
  • 連続オートフォーカスビデオ
  • ノイズリダクション
  • 4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影
  • 再生ズーム
  • ビデオへのジオタグ添付
  • ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
TrueDepthカメラ
  • 7メガピクセルの写真
  • ポートレートモード
  • ポートレートライティング
  • アニ文字とミー文字
  • 1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
  • Retina Flash
  • ƒ/2.2絞り値
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • スマートHDR
  • 裏面照射型センサー
  • 自動手ぶれ補正
  • バーストモード
  • 露出コントロール
  • タイマーモード
ビデオ通話
  • FaceTimeビデオ
  • iPadからすべてのFaceTime搭載デバイスにWi‑Fiまたは携帯電話ネットワーク経由で
オーディオ通話
  • FaceTimeオーディオ
  • iPadからすべてのFaceTime搭載デバイスにWi‑Fiまたは携帯電話ネットワーク経由で
スピーカー
  • 4スピーカーオーディオ
マイクロフォン
  • 通話、ビデオ撮影、オーディオ録音のための5つのマイクロフォン
 

ドコモ(DoCoMo)、ソフトバンク(Softbank)、AU、simフリー(シムフリー)

携帯電話/ワイヤレス通信方式

全モデル

  • Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)、同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80
  • Bluetooth 5.0テクノロジー

Wi-Fi + Cellularモデル

  • UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
  • ギガビット級LTE(モデルA1934とA1895:バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、34、38、39、40、41、42、46、66)
  • データのみ
  • eSIM
SIMカード
  • nano-SIM(Apple SIMに対応6
  • eSIM
位置情報

全モデル

  • デジタルコンパス
  • Wi-Fi
  • iBeaconマイクロロケーション

Wi-Fi + Cellularモデル

  • Assisted GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
  • 携帯電話通信
センサー
  • Face ID
  • 3軸ジャイロ
  • 加速度センサー
  • 気圧計
  • 環境光センサー
 
Face ID
  • TrueDepthカメラによる顔認識の有効化
  • iPadのロック解除
  • アプリケーション内での個人データ保護
  • iTunes Store、App Store、Apple Booksでの購入
Apple Pay
  • Face IDを使った、アプリケーション内とウェブ上でのiPadによる支払い
Siri
  • メッセージの送信やリマインダーの設定などをあなたの声で実行
  • 先を読んだ提案
  • ハンズフリー対応
  • 曲を聴いて認識
充電と拡張性
  • USB-C
システム条件
  • Apple ID(一部の機能に必要)
  • インターネットアクセス

MacまたはWindowsパソコン上のiTunesとの同期には以下が必要:

  • Mac:OS X 10.11.6以降
  • Windowsパソコン:Windows 7以降
  • iTunes 12.8以降(Mac)、iTunes 12.9以降(Windowsパソコン)(www.itunes.com/jp/downloadから無料でダウンロード可能)
オペレーティングシステム

iOS 12

iOSは世界で最もパーソナルで安全なモバイルオペレーティングシステムです。あなたの毎日に最大限に役立つパワフルな機能の数々が詰め込まれています。

アクセシビリティ

アクセシビリティ機能は、障がいのある方が新しいiPad Proを最大限に活用できるようにお手伝いします。視覚、聴覚、身体機能、学習と読み書きをサポートする機能が内蔵されているので、驚くようなものを作り出したり、驚くようなことができます。

iPad Proのアクセシビリティ機能:

  • VoiceOver
  • ズーム
  • 拡大鏡
  • Siriと音声入力
  • スイッチコントロール
  • クローズドキャプション
  • AssistiveTouch
  • 画面の読み上げ
オーディオ再生
  • 対応するオーディオフォーマット:AAC(8〜320Kbps)、保護されたAAC(iTunes Storeから購入したコンテンツ)、HE-AAC、MP3(8〜320Kbps)、MP3 VBR、Dolby Digital(AC-3)、Dolby Digital Plus(E-AC-3)、Audible(フォーマット2、3、4、Audible Enhanced Audio、AAX、AAX+)、Apple Lossless、AIFF、WAV
  • ユーザーによる設定が可能な最大音量制限
オーディオ再生
  • 対応するオーディオフォーマット:AAC(8〜320Kbps)、保護されたAAC(iTunes Storeから購入したコンテンツ)、HE-AAC、MP3(8〜320Kbps)、MP3 VBR、Dolby Digital(AC-3)、Dolby Digital Plus(E-AC-3)、Audible(フォーマット2、3、4、Audible Enhanced Audio、AAX、AAX+)、Apple Lossless、AIFF、WAV
  • ユーザーによる設定が可能な最大音量制限
TVとビデオ
  • Apple TV(第2世代以降)へのAirPlayミラーリング、写真、音声、ビデオ出力
  • 対応するビデオミラーリングとビデオ出力:USB-C Digital AV MultiportアダプタおよびUSB-C VGA Multiportアダプタ経由で最大4K(アダプタは別売り)
  • 対応するビデオフォーマット:H.264ビデオ:最大4K、毎秒30フレーム、ハイプロファイルレベル4.2(最大160KbpsのAAC‑LCオーディオ)、48kHz、最大1,008KbpsのステレオオーディオまたはDolby Audio、48kHz、.m4v、.mp4、.movファイルフォーマットのステレオオーディオまたはマルチチャンネルオーディオ | MPEG‑4ビデオ:最大2.5Mbps、640 x 480ピクセル、毎秒30フレーム、シンプルプロファイル(1チャンネルあたり最大160KbpsのAAC‑LCオーディオ)、48kHz、最大1,008KbpsのステレオオーディオまたはDolby Audio、48kHz、.m4v、.mp4、.movファイルフォーマットのステレオオーディオまたはマルチチャンネルオーディオ | Motion JPEG(M‑JPEG):最大35Mbps、1,280 x 720ピクセル、毎秒30フレーム、ulawオーディオ、.aviファイルフォーマットのPCMステレオオーディオ
対応するメール添付ファイル

表示可能なドキュメントの種類

.jpg、.tiff、.gif(画像) .doc、.docx(Microsoft Word) .htm、.html(ウェブページ) .key(Keynote) .numbers(Numbers) .pages(Pages) .pdf(プレビュー、Adobe Acrobat) .ppt、.pptx(Microsoft PowerPoint) .txt(テキスト) .rtf(リッチテキストフォーマット) .vcf(連絡先情報) .xls、.xlsx(Microsoft Excel) .zip、.ics

動作環境
動作時環境温度: 

0°〜35°C

保管時(非動作時)温度: 

-20°〜45°C

相対湿度: 

5%〜95%(結露しないこと)

動作高度: 

3,048mまでテスト済み

今使っているiPadを下取り(中古)に出すと、新しいiPadの購入価格が割引

Apple GiveBackで条件を満たすiPadを下取りに出すと、新しいiPadが最大50,000円割引になります

 

まとめ(iPad Proは、買いなのか?)

プロ向けという位置づけであるなら、買いたい人は黙っていても買うでしょう。最安モデルで、税金をいれると約10万円となるので、あとは、自分のお財布との相談でしょう。とはいえ、10万円ではおさまらないのは確実。アップルケアに入ったり、そもそもアクセサリー(Smart Keyboard Folio、Apple Pencil第2世代)を買うことで、より機能性をひきだせることを考えると、アクセサリーを買わないなら、そもそも、前機種のiPad Proあるいは、ぶっちゃけ、コスパ最強のiPad 第6世代ではいけない理由を考えましょう。

値段だけの話でいうと、iPhoneXSを購入した場合、アップルケアなどに入ることを考えると15万円くらい、すぐにいってしまうと考えると、ノートパソコン的な使い方もできるiPad Proは魅力的ですね。Apple Pencil第2世代、Smart Keyboard Folioが欲しいー。

パッドとしての使い勝手と、キーボードをガンガン使いたい2パターンのスタイルを切り替えたい人でなるべくカバンの中を軽くしたいなら買いでしょう。

来年になると思いますが、iPad(プロじゃない)の次のモデルが、どういう形態になってでてくるのかが興味津々。それを待つのも一つかなと思いますが、結局のところ、予算があって、今欲しくてたまらない人は、発売直後なので、今のタイミングで買えば間違いないでしょう。微妙な時期になると、次のモデルがでて、あー、もうちょい待っておけばーとなるので。

あとは、ノートパソコンが欲しいなら、発表された新型Macbookを調べましょう。

 

-iPad, iPhone

Copyright© テクノロジーの羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.